[MEMO] “えべっさん”とは?

メモ神社
この記事は「えべっさん」について調べた時のメモです。

えべっさんの概要

  • 恵比寿神のこと
  • 特徴:笑顔、鯛、釣竿、老人
  • 七福神の一柱、福神の代表格
  • 表記が4種類以上。恵比寿、戎、夷、蛭子、胡

 

恵比寿とは?

  • 異邦人を意味する。よその土地から来臨して幸をもたらす客神まれびとかみ
  • エミシなどに由来か?
    • エミシ(ヤマトから東の異端的な存在)

恵比寿神といっても三柱の神様がある

  • ヒルコノミコト
  • コトシロヌシノミコト(山幸彦)
  • ヒコホホデミノミコト

恵比寿の意味からすると、ヒルコがもっともそれらしい一面をもっている

ヒルコ説について

  • ヒルコの字が蛭子と同じ
  • 西宮神社(兵庫県)はヒルコノミコトをまつる、ヒルコ系恵比寿の総本社
    • 大阪の堀川戎もヒルコ

コトシロヌシ説

  • 釣りが好き(国譲り神話で釣りのシーンがある)
  • コトシロヌシ系恵比寿の総本社は美保神社(島根県)

ヒコホホデミ説

  • 山幸海幸神話のなかで竜宮城へいくことに由来
  • ヒコホホデミは山幸彦
  • この説がもっともマイナーか?

 

ご利益

商店や農民に広く信仰されているが、漁民の神が本質

  • よその土地から訪れて漁をもたらす神
  • 鯨やイルカを恵比寿とする地方もある(魚群を呼び寄せるため)
    • クジラを御神体にするのは東北と北海道
  • 海難者の水死体を恵比寿の御神体として祀るところもある
  • 海中から拾い上げた奇異な形の石を御神体とする場合もある(九州)
  • 漁網の中央の浮きを恵比寿と呼ぶ地方もある
  • 漁の大半が海なので、航海の守護神の性質も

市場の守護神とする風習もあった

  • 鎌倉時代、奈良の南の市場を開くときに、恵比寿を祀った記録あり
  • 鎌倉の鶴岡八幡宮(1063年)にも市場の神として恵比寿がまつられた
  • 市場の神から発展して、商業守護、七福神へと繋がっていく
  • 七福神は室町時代にはじまった信仰

農民からの信仰

  • 福をます神、台所を守る神とされる
  • 山の神は春になると下りて田の神になり、収穫後山の神に戻るが、この山の神を恵比寿と呼ぶ地方がある
  • 陰暦の1月と10月の20日は恵比寿講の日とされ、収穫に関係
    • 講 = ある目的のために集まる集団、団体、結社
    • 恵比寿講の日 = 恵比寿神が商いを始める日、この日は大きく羽目をはずして楽しんだらしい

恵比寿神の普及

  • 戎舞わし(えびすまわし)、という神事をする人たち(傀儡子)が諸国をまわったことが要因と考えられる
    • 西宮神社の社殿維持修復のために資金が必要となり、御神影札の配布(販売)が江戸幕府から許可される。江戸と仙台を中心に展開
    • ↑この話からすると、江戸以降の恵比寿は、西宮神社が中心的な印象となる

 

おまけ

  • 恵比寿さんは耳が遠いとされている
  • 神社によっては木槌があったり、ドラがあったりする(呼ぶため?)

 

この記事を書いた人
じぇい

Webディレクションや動画編集を20年以上やっています。詳しいことはプロフィールをご覧ください。名前のところをクリックしてくださいね

じぇいをフォローする
ご質問などありましたらば
JNAGANO.COM
タイトルとURLをコピーしました