瞑想合宿を終えて(2017年2月)

3泊4日の瞑想合宿 in 湯河原が完了し、次の旅に向かっています。
初回参加の時は長いなぁ…と思いましたが、今回はなんだあっという間だな…という感じでした。

以下ややこしいこと(笑)書きますが、この合宿は瞑想初心者さんにもオススメです。
この日数休むのは簡単ではないかもしれませんが、休んだ分だけのものは体験として得られるし、成長したい、変わりたいという思いにも強く答えてくれるでしょう。

で、続き。

瞑想にも色々な到達点あるようで、僕がやってるのは無思考へと向かうものになります。
瞑想を始めたのは思考に惑わされない自分を維持したいという思いからで、現在そのプロセスにいるものの、終わりなき道でもあります。

その道は自分の内面を見続ける道。
内面を見つめ続け、思考や人格ではない自分を見極めた先に何があるのか…はよくわかりませんが、行ったことがないところへ行きたいという欲求が、どうもそちらへ向いてるようです。

この瞑想でよく出るワードとして、ただみ見ているだけ、というのがあります。
最近、これがどういうことかわからなくなってきた…という思いがあってのリピート参加でした。

ぶっちゃけ答えは見つかっていませんが、このまま体験を積み重ねていこうと思えましたし、基本に立ち返ることができました。
その上で、新たな気づきも体験でき、満足のいく瞑想合宿でありました。
今年はもう一回ぐらい参加できるといいな。
どなたかご一緒しませんか。

Follow me!