鳴子温泉の旅 その1

先日参加した瞑想合宿は宮城県は鳴子温泉で行われまして、これもまた旅行みたいな部分があるので、訪れた場所のことなどをご紹介。

鳴子温泉は仙台空港〜仙台駅〜古川〜鳴子御殿湯というルートでいきました。

大阪からは peach で行けるのコストを抑えることができますね。(関西空港からが嫌じゃなければ)

帰りは飛行機ではないので仙台空港で何かしておきたいな…ということで、ずんだ餅をいただきました。

カップで気軽に食べられるのが嬉しいですね。

仙台駅までは電車で移動です。

改札の手前に着いたところで電車が行ってしまいました。

空港だしまたすぐ来るだろう…と思っていたら、1時間に1〜2本しかないようで20分ほど待つはめに…。

仙台空港から電車で移動する場合は、降りたらすぐにホームへ向かった方が良さそうです。

各地のゆるキャラを見るのがけっこう好きなんです。

こちらは、仙台・宮城観光PRキャラクターの「むすび丸」さん。

仙台駅からは新幹線で一駅の古川を目指します。

駅弁を買おうと思っていたのですが、乗ってる時間は短いし、なんか美味しそうなの見当たらないし…ということで、牛タン屋へ入ることにしました。

仙台駅には牛タン屋が数件入っているので、色々と楽しむことができます。

今回は「伊達の牛タン」を選択。

せっかくなので一番よさそうなやつをオーダー。

すっげ〜柔らかい〜という程ではなかったのですが、すぐに嚙み切れるし、満足いくお味でした。

ゆるキャラその2。

宮崎県大崎市のイメージキャラクター「パタ崎さん」。

そして鳴子温泉につきました。

奥州三名湯のひとつに数えられている土地なのですが、平日とはいえちょっと寂しい状況です…。

しかしだからこその秘湯がここにあります。

今回お世話になった大沼旅館さん。

素朴な宿ですが、トータルに温かみのある宿でした。

長くなったので、次回へ続くことにします。

 

続きは 鳴子温泉の旅 その2 でお楽しみください。

Follow me!