やりたいことは恐れずに全部やる

俳優・山田孝之さんがカンヌを目指すドキュメンタリードラマが終了しました。
最終回はまったく想像してなかった展開で度肝を抜かれました。
この作品は初回から通して観て、登場人物の心情をつかみながら観て欲しいので、内容については触れません。

そしてこの作品から再び大きなものを受け取ったので、それについて書きたいと思います。

観終わった翌日の晩、
「恐れずに全部やる」
という言葉が浮かびました。
「それ凄くいい!」
と思いました。

クオリティが…
お金が…
体制が…
時間が…
低評価されそう…
誰も来てくれないかも…
など

こんな思いで流してしまってることがいくつかあるな、と思いました。

山田孝之さんは恐れずにやりきりました。

有名人だから、
とよぎる部分はあるけれど、有名人の方が失敗のリスクは大きい。
山田孝之に関わりたくないと思った関係者もいると思います。

山田孝之さんはやりきりました。
凄い!カッコいい!関わりたい!
と思いました。

自分らしく生きるということは、こういうことだなと思いました。

獅子座の僕は、自分が何かすることでレスポンスを得たい欲求がある。
何もしなければ、何も返ってこない。
手を抜いてれば、その程度のものしか返ってこない。
それはつまらない。

全力でやって、何も返ってこないことは怖いし、傷つく。
でもそれに怯えてたら僕が欲しいものは返ってこない。
ならばやるしかない。
やらねばならぬ。

やりたいと思ったことは、しっかり表明し、その時にやれる範囲で、全力でやっていこうと思います。

そしてやりたいことがあるけど怖くてできない方。
「山田孝之のカンヌ映画祭」という作品を見てください。
勇気がもらえる思います。
まもなくDVDも発売されますが、オンデマンドでも観れるようです。

関連ページ

山田孝之のカンヌ映画祭
http://www.tv-tokyo.co.jp/yamada_cannes/

約1ヶ月前、この作品から受け取ったものについて書いていました。
https://jnagano.com/archives/276

約2年前、山田孝之さんの変容に注目!という記事を書いていました。
https://goisu.net/column/150604_1

Follow me!